ちらし画像
ダウンロードKugatsu_Tokyo_March_files/%E6%98%A5%E3%81%AE%E7%89%B9%E5%88%A5%E5%85%AC%E6%BC%94%E3%80%80%E3%83%81%E3%83%A9%E3%82%B7.pdf

中山マリ    鴨川てんし    川中健次郎    猪熊恒和    大西孝洋

さとうこうじ 円城寺あや 咲田とばこ 鬼頭典子 荻野貴継

樋尾麻衣子 杉山英之 武山尚史 山村秀勝 渡部彩萌

月、東京の路上で

『ララミー・プロジェクト』2001 & 2003) アメリカのヘイト・クライム殺人事件に取材、

オフ・ブロードウェイでロングラン、映画化もされた傑作。

『CVR  チャーリー・ビクター・ロミオ』2002 & 2003)日米合作。圧倒的なサウンド。

コックピット・ボイス・レコーダーの記録を「再現」した迫真の演劇体験、社会的話題に。

『ときはなたれて』(2004)

冤罪が証明され死刑囚監房から生還した人たちのインタビューをまとめた、

全米死刑廃止運動のシンボル作品。

『パーマネント・ウェイ』(2005)

ロンドン・ナショナルシアターで人気を博したデイヴィッド・ヘア三部作の第一弾、鉄道事故の原因である「民営化」に迫る。

『スタッフ・ハプンズ』(2006)

イラク戦争はなぜ起きたか、様々な国の思惑を、戦争の実態と交錯させながら描く、ヘア作のバーベイタム・シアター第二弾。

『ザ・パワー・オブ・イエス』(2010)

作者自身も登場してリーマン・ショックがなぜ起きたかを関係者の証言・データから探る、ヘアの三部作の到達点。

2019年315日(金)~ 31日(日) 下北沢ザ・スズナリ※ReMemory 上演日は休演

原作◯加藤直樹

「九月、東京の路上で 1923年関東大震災ジェノサイドの残響(ころから刊)

作・演出○坂手洋二

受付開始◯開演の40分前 開場◯開演の30分前

●はプレビュー。一律3,000円・人数限定・自由席・撮影等有・電話および当日精算予約フォームのみ扱い。15日(金)『九月、東京の路上で』/19日(火)ReMemory

【全席指定】 


一般前売 4,000 (当日4,300 )   ペア前売 7,400 (2名)

グループ前売 3,500 (3名以上  一人あたり)  ※ペア・グループの当日券はございません。

U25/大学・専門学校生 2,500   高校生以下 1,500 円   ※U-25 以下は前売・当日共通料金。当日受付にて要証明書提示。


前売開始○2月17日(日)11:00

【前売扱所】


◆[ 燐光群オンラインチケット ]  http://rinkogun.com

U-25以下をのぞく。WEB上でご予約頂き、セブンイレブンでチケットをお受け取り頂けます。

お支払いは現金(セブンイレブン)、またはクレジットカードとなります(手数料はお客様負担)。※会員登録(無料)が必要です。


◆[ ご予約・お問合せ ]燐光群/(有)グッドフェローズ

03-3426-6294

当日精算予約フォーム  https://www.quartet-online.net/ticket/9tky19





①<お名前/電話番号/希望日時/チケットの種類と枚数>をお知らせください。フォームでは自動返信にて予約完了となります。

■■メール不着の際はご確認ください。

②開演直前は受付が混み合いますので、開演の15分前までにお越し下さい。     


※キャンセル・日時変更はできません。

※開演直前・直後は(一時的に)ご入場を制限させて頂く場合がございます。

※未就学児のご入場はご遠慮下さい。

照明◯竹林功(龍前正夫舞台照明研究所)

音響◯島猛(ステージオフィス)

舞台監督◯久寿田義晴

美術◯じょん万次郎

衣裳◯小林巨和

演出助手◯村野玲子

文芸助手◯清水弥生 久保志乃ぶ 中山美里

宣伝意匠◯李潤希

挿画◯熊原三枝

協力◯浅井企画 劇団ジャブジャブサーキット 文学座

ジョリーアンリミテッド 公益財団法人セゾン文化財団 森下紀彦

制作○古元道広 近藤順子

主催◯(有)グッドフェローズ

Company Staff◯桐畑理佳 田中結佳 宗像祥子 鈴木陽介

鈴木菜子 福田陽子 西川大輔 宮島千栄 橋本浩明

内海常葉 秋葉ヨリエ

【開演時間】

下北沢ザ・スズナリ 世田谷区北沢1-45-15

03-3469-0511

「下北沢駅」 東口(小田急線)、京王中央口(井の頭線)より 徒歩4〜5分 。

ホームから改札まで離れているのでご注意下さい。

原作は、1923年9月・関東大震災直後の出来事を、時系列を追って検証する同名ブログを元に刊行された、加藤直樹のノンフィクション。

殺害や暴行があった各地を取材、刻一刻と広がるデマ・殺害行動など、96年前の東京を「追体験」させる。

3/16(土)  加藤直樹ノンフィクション作家)

3/18(月)  林海象(映画監督)

3/21(木・祝)  堀潤(ジャーナリスト・キャスター)

3/25(月)  有田芳生(参議院議員・ジャーナリスト)

3/27(水)  中川五郎フォーク歌手

3/28(木)  古川健(劇団チョコレートケーキ座付き作家)

3/29(金)   金守珍(演出家・新宿梁山泊代表・映画監督)

3/30(土) 19時の部  林あまり(歌人・演劇評論家)

は終演後に、坂手洋二と次のゲストによるトークを予定しています。

本公演の前売券をお持ちの方、ご予約の方はご入場頂けます。

アフタートーク

── タイトル or 上演年をクリックすると詳細ページに飛びます。

最新情報はツイッター・ フェイスブックで随時お知らせしています。

ツイッター https://twitter.com/rinkogun

フェイスブック https://www.facebook.com/rinkogun/

現実の事件に取材したオリジナル作品のみならず、世界を牽引する報告劇を翻訳上演してきた、燐光群。

現実の風景に残された「消せない過去」に挑む。

昨年7・8月に初演し、各紙・誌で高い評価を受けた話題作が、早くも再登場。

□「媚びぬ演技 台詞力」「愛想はないが、引きずり込まれる」「歴史へのまなざしが深い」(山本健一氏 朝日新聞)

□「90年以上前に起きた禍々しい歴史と、現代日本社会に蔓延する不穏な空気は地続きであるという警鐘を、

□  演劇の手法で示した意欲作」(森重達裕氏 読売新聞)

□「題材の歴史的・社会的重みはもとより、ノンフィクションと 虚構の関係も考えさせられた」

□「千秋楽の下北沢ザ・スズナリの、それこそ鈴なりになった観客はラストに胸塞がれた」(東京新聞)

□「直接に私たちの感性に訴えるこの手法は確かに効果的」(北野雅弘氏 赤旗)

◇ 『九月、東京の路上で』

◇ ReMemory『生きのこった森の石松』『あい子の東京日記』


両公演をお得にご覧いただけます(チケットの種類が同じ場合のみ)。

それぞれの公演の観劇日時を選んでお申し込み下さい。

※片方の公演のチケットをご予約・ご購入後に、セット券に変更することはできません。

※日時変更、キャンセル、払い戻しは不可。


○ 一般前売セット 6,800

○ ペア前売セット 12,800

○ U-25/大学生・専門学校生セット 4,000

○ 高校生以下セット 2,000

九 : 『九月、東京の路上で』3/15(金)~ 31(日) ※ 3/16(土)〜18(月)、21(木・祝)・22(金)、24(日)・25(月)、27(水)〜31(日)

: ReMemory 『生きのこった森の石松』『あい子の東京日記』 3/19(火)、20(水)、23(土)、26(火)

【全公演セット券】

ReMemory
『生きのこった森の石松』 『あい子の東京日記』
<チケット料金>
◇ ○ 一般前売 3,300 円(当日3,600 円)
◇ ○ ペア 前売 6,000円(2名)
◇ ○ U-25 /大学生以下 2,500 円
◇ ○ 高校生以下 1,500 円ReMemory_1.html
Kugatsu_Tokyo_March_files/%E4%B9%9D%E6%9C%88%E3%80%80%E5%B2%A1%E5%B1%B1%E3%83%81%E3%83%A9%E3%82%B7.pdf
岡山公演『九月、東京の路上で 』
4月6日 ( 土) ~7日 (日) Kugatsu_Tokyo_March_files/%E4%B9%9D%E6%9C%88%E3%80%80%E5%B2%A1%E5%B1%B1%E3%83%81%E3%83%A9%E3%82%B7_1.pdf
ゲストの
プロフィールは
こちらKugatsu_Tokyo_March_Talk_Guest.html

3/24(日) アフタートーク緊急追加!

< 出 演 >

小西ひろゆき(参議院議員)

円城寺あや(本公演のキャスト)