1982年創立。主宰である坂手洋二の作・演出作品を中心に、社会性・実験性の高さと、

豊かな表現力を兼ね備えた、斬新で意欲的な新作公演を重ねている。国内での年3~5

本の公演・ツアーの他、『神々の国の首都』『屋根裏』等で海外15カ国27 都市の公演

を行う。1999年『天皇と接吻』第7回読売演劇大賞優秀作品賞、2002年『最後の一人ま

でが全体である』第10回読売演劇大賞優秀作品賞、2004年『だるまさんがころんだ』

12 回読売演劇大賞選考委員特別賞。

燐光群について

坂手洋二について

劇作家・演出家。燐光群主宰。1983年燐光群旗揚げ。『屋根裏』『だるまさんがころ

んだ』等により、岸田國士戯曲賞、鶴屋南北戯曲賞、読売文学賞、紀伊國屋演劇賞、

朝日舞台芸術賞、読売演劇大賞最優秀演出家賞を受賞。戯曲は海外で10以上の言語に

翻訳され、出版・上演されている。2010年『屋根裏』がフランスで、『たたかう女』

が韓国で上演され、2011年は『ブラインド・タッチ』がロンドンでリーディングされ

ている。日本劇作家協会理事。日本演出者協会理事。国際演劇協会日本支部理事。

燐光群・坂手洋二について