ちらし画像
ダウンロードAtami_vs_Baisyun_files/%E3%81%A4%E3%81%8B%E3%81%93%E3%81%86%E3%81%B8%E3%81%84%E4%BD%9C%E5%93%81%E3%80%80%E3%83%81%E3%83%A9%E3%82%B7.pdf

猪熊恒和   大西孝洋   杉山英之   武山尚史   川中健次郎   樋尾麻衣子 ・ 円城寺あや ・ 木下智恵

2019年726日(金)~ 86日(火) 下北沢ザ・スズナリ

受付開始/開演の45分前 開場/開演の30分前

7/26(金)はプレビュー、一律3,000円・人数限定・全席自由・撮影等あり。

【全席指定】 


一般前売 3,800  ペア前売 7,000  当日 4,200

U25/大学・専門学校生 2,500   高校生以下 1,500 円 ※U-25 以下の割引は前売・当日共通料金。当日受付にて要証明書提示。


前売開始○6月23日(日)11:00

【前売扱所】


◆[ 燐光群オンラインチケット ]  http://rinkogun.com

一般・ペア前売のみ扱い。WEB上でご予約頂き、セブンイレブンでチケットをお受け取り頂けます。

お支払いは現金(セブンイレブン)、またはクレジットカードとなります(手数料はお客様負担)。※会員登録(無料)が必要です。


◆[ ご予約・お問合せ ]燐光群/(有)グッドフェローズ

03-3426-6294

当日精算予約フォーム  https://www.quartet-online.net/ticket/tkskt19




①<お名前/電話番号/希望日時/チケットの種類と枚数>をお知らせください。予約フォームでは自動返信にて予約完了となります。

■■メール不着の際はご連絡ください。

②開演直前は受付が混み合いますので、開演の15分前までにお越し下さい。     


※キャンセル・日時変更はできません。

※開演直前・直後は(一時的に)ご入場を制限させて頂く場合がございます。

※未就学児のご入場はご遠慮下さい。

照明 | 竹林功(龍前正夫舞台照明研究所)

音響 | 島猛(ステージオフィス)

舞台監督 | 井村昂

美術 | じょん万次郎

劇中歌作曲 | 南谷朝子

殺陣指導 | 山村秀勝

演出助手 | 中山美里

文芸助手 | 清水弥生 久保志乃ぶ

宣伝意匠 | 李潤希

協力 | つかこうへい事務所 浅井企画 藤田卓仙

制作 | 古元道広 近藤順子

Company Staff | 中山マリ/鴨川てんし/桐畑理佳/ 田中結佳

高瀬大貴/町田敬介/西村順子/宗像祥子/鈴木菜子

福田陽子/鈴木陽介/西川大輔/宮島千栄/橋本浩明

内海常葉/秋葉ヨリエ

主催 | 有限会社グッドフェローズ

助成 | 文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)

独立行政法人日本芸術文化振興会


公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京

【開演時間】

下北沢ザ・スズナリ 世田谷区北沢1-45-15

03-3469-0511

「下北沢駅」 東口(小田急線)、京王中央口(井の頭線)より 徒歩4〜5分 。

ホームから改札まで離れているのでご注意下さい。

7/29(月)  岡本麗女優

7/30(火)  横内謙介(劇作家・演出家・扉座主宰)

7/31(水)  加藤和夫

(東映ビデオ常務取締役 エグゼクティブ・プロデューサー

8/1(木)  マキノノゾミ脚本家・演出家・俳優

8/2(金)  松岡錠司(映画監督)

8/3(土)  渡辺弘(彩の国さいたま芸術劇場 事業部長)

は終演後に、坂手洋二と次のゲストによるトークを予定しています。


本公演の前売券をお持ちの方、ご予約の方はご入場頂けます。

アフタートーク

最新情報はツイッター・ フェイスブックで随時お知らせしています。

ツイッター https://twitter.com/rinkogun   フェイスブック https://www.facebook.com/rinkogun/

「木村伝兵衛部長刑事は?」

「わたしですが?」


「あたしを誰だと思ってるの、あたしが燃えられる事件がないの。

私は燃えたいのよ、心底燃えたいのよ、

燃えて燃えて燃え尽きたいのよ!」


熱海殺人事件、海が見たい。

大山金太郎は来たして十三階段の向こうに、海を見たのであろうか。


つかこうへい作、戦後演劇の金字塔、『熱海殺人事件』。

その発展形、『売春捜査官』。

二人の「くわえ煙草伝兵衛」が、いま、激突する。

一九七八年、三浦洋一版の『熱海殺人事件』を観た。それは確実に、私が演劇に関心を持つようになったきっかけの一つである。

横内謙介、いのうえひでのり、マキノノゾミら、同世代の演劇人たちは、つか作品、とくに『熱海殺人事件』に影響を受けている。凡百の「演劇教育」よりも一本の『熱海殺人事件』が、多くの演劇人を育てたのだ。


そして、部長刑事「くわえ煙草伝兵衛」を女刑事として再構築した『売春捜査官』が誕生したのが、二十年前である。

その時点で、女性の社会での立ち位置について強い関心を向けて新作を作り上げたつかこうへい氏の慧眼に、敬意を表する。


『熱海殺人事件』と、その発展形としての『売春捜査官』。ある意味通底していて、また真逆の構図をとっているともいえるこの二作品を、舞台上で出会わせることへの誘惑を、私は断ち切れなくなった。

この冒険を許して下さったつかこうへい事務所さんに感謝すると共に、この仕事を通して「私たちの時代」をもう一度見つめなおしたいと、あらためて意を強くしている。

坂手洋二

『熱海殺人事件

vs.

『売春捜査官』

チラシの表・裏が一つになったPDFファイルです。

【CAST】 


全公演を終了いたしました。ご来場いただき、誠にありがとうございました。

撮影|古元道広